読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

貼れないカイロ

V6にいいね×6万したい系 春から女子高生V6オタのたわごと

【最終回】受験生V6ファン お片付け戦争 -作業を終えた感想-

 

こんにちは。なーひーです。

 

今回は、「受験生V6ファン お片付け戦争」シリーズ第5弾および最終回。

 

無事に作業を終えた感想を書いていく。

 

本当は6回で終わるつもりだったのが、諸般の事情で5回になった。

 

 

 

 

 

(って言っても、書くネタがなくなっただけなのだが)

 

 

 

 

いままでの記事はこちら↓

 

 

naahii-v6.hatenablog.com

 

naahii-v6.hatenablog.com

 

naahii-v6.hatenablog.com

 

 

naahii-v6.hatenablog.com

 

 

 

V6断ちを決めた記事はこちら↓

 

naahii-v6.hatenablog.com

 

 

 

 

 

お片付けした結果

無事に片付けを終えた私の棚は、

f:id:naahii17v6:20160927175325j:plain

 

 

ものすんごくガラッガラ。

 

なんとも寂しい。だって、CDしか入ってないんだぜ。

 

あのクマちゃんも泣いてるよ。

 

急に無くなるって怖いものだ。

 

 

 

話は変わるが、V6のDVDや雑誌を見なくなってから、テストの点数が上がった。

 

やっぱり、本気を出せばきちんと断てるものなのだ。

 

この調子で成績が上がっていけばいいな。

 

片付けをした感想

 

そもそも、こんな「有言不実行ガール」またの名を「口先ペラ子ちゃん」な私に、V6のグッズを封印することなんてできるのかが不安であった。

 

しかし、1学期の評定が関わる期末テストのことを考えたら、いろいろなことが頭をよぎって背筋がゾッとしてきた。だから、なんとかお片付けできた。

 

片付けているときに、好きで好きでもうしょうがないV6の姿を当分の間見られないと思うと、嫌で寂しくてうわーまじかよ、なんて思った。自分で決めたことなのにね。

 

 

でも、一度封印しちゃうと、案外気は楽だった。それに、スッキリしたね。

 

 

(ほんの一瞬、「V6を断ってるワタシってエライわ」と妙な優越感に浸ってしまった。(笑) 性格がねじれまくっているのは、言うまでもない。)

 

 

封印したグッズの分だけ時間が確保でけた。これをどう使うかだよな〜。

 

きちんと勉強に使うべきだとは思う。

 

でもでも、ネット見るのに使っちゃうんだなー。これが。

 

それでは片付けた意味がまるでないじゃないか。

 

次の課題だな。いつ断つか考えておこう。

 

 

 

いやー。受験生ってこんなにもハードだったとは。

 

V6を断つくらいの覚悟がいるとは。( そうでない人もいるんだろうが )

 

 

 

 

 

思いもしなかったわ。1年前の私は。

 

 

 

 

お気楽すぎたーーーー。ちょいとなめてかかっていたぜ。

 

 

 

 

今日のまとめ

これで、「受験生V6ファン お片付け戦争」シリーズは終わり。

 

「ちょっと何言ってるかわかんないですね〜。」と思うところも多々あったことだろう。

 

まあ、所詮中学生の書く文章なんてたかが知れているが。

 

(そこで開き直るなーーー!!!)

 

その、私の持っている"たかが知れている" 文章力を総動員させて書いたつもりだ。

 

ほんっとうにずうずうしい話だが、誰かが好きなモノを断つときに、「そういや、あんなヤツいたなあ。」なんて思い出してもらえたら嬉しい。

 

 

 

V6をある程度まで制限した。

 

頭の中では「ありがとうさようならV6」勢と「V6は断たなくてよくね〜?」勢が、戦争を起こしていた。

 

普通なら、勉強が最優先という考えがあたりまえ。でも、その普通が普通で無くなるくらい好きになってしまったのだ。こんなことで悩むことも、なかなかないだろう。

 

そんな、いろいろな意味で狂わせてもらったV6。いて当然のV6。生活の一部になったV6。

 

これからは、V6とほとんど会わない世界をいかに有効に活用するか、有意義に生きるかが大事になってくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

っていうか、正直ブログ書いている時点で、いろいろマズいんじゃないかと危機感は抱いている。

 

 

 

 

 

 

 

本当どうしよう。

 

考えろ。

 

そう、考えるのよ、私。

 

なんてところで、今回はこの辺で、さようなら〜( ´ ▽ ` )ノ