読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

貼れないカイロ

V6にいいね×6万したい系 春から女子高生V6オタのたわごと

緊張している時に聴きたい 11曲のV6の歌

V6

こんにちは。全日本チキン野郎の会理事のなーひーです。

  

さて、今回は中総体の前後に私がよく聴いていたV6の曲を紹介します。ちょっと中総体の思い出も書いてあります。

 

 

 

 

緊張している時に聴きたいV6の曲セレクション

バレーボールのテーマ曲として使われていたこの曲。「最後は自分と闘うのさ 一度の青春負けられない」というフレーズは、試合中にも思い出した。

 

  • Be Yourself!

とにかくテンションの上がる曲。チャレンジしなきゃいけないと思える。去年のベストアーティストで6人がバク転をしたのを見て、勇気をもらった。

 

  • 翼になれ

「歯をくいしばって耐えた痛みよいつか 翼になれ」この歌詞は、まさに自分の状況と同じだった。腰を痛めて2年生の頃は動けず、3年生になって痛みは和らいでも、貧血で体力が無くてチームに迷惑をたくさんかけた。とても辛かった。中総体1日目の試合で最も良いプレーが出来て、今までの辛さが翼となったのかもしれない。

 

  • Life goes on

「何かを待ってたって 変わりはしないよ」消極的なプレーが多かった私も、この歌詞のおかげで強気でプレーできた。明るくてポジティブな曲。「UP and DOWN 今は 超Slow DOWN」のDOWNの部分の歌い方が私の好み。なんだか可愛い。

 

  • CHANGE THE WORLD

「何も恐れずに いま勇気と笑顔のカケラ抱いて」「情熱たやさずに」など、元気付けてくれる歌詞が多い。この曲の歌詞に出てくる「君」を部活の仲間に置き換えると、感動して泣きそうになる。

 

  • Rainbow 

どの歌詞を切り取っても、応援してくれるものばかりで、たくさん力をくれた。特に2番のサビがいい。

 

  • スピリット

 「とにかく、気持ちで負けない」という目標を掲げて活動していた私の部に、ぴったりの曲である。何があっても強い気持ちを持ち続けることの大切さを教えてくれた曲。そして、私が初めて聴いたV6の曲でもある。ファンになった経緯はこちらの記事で…

 

naahii-v6.hatenablog.com

 

  • will 

「だからこそ攻めるんだ」など、勇気をくれる言葉がいたるところに散りばめられているが、曲はクールなところがニクい。静かに闘志が燃えてくるいい曲。

 

  • バリバリBUDDY!

とにかくこの曲は、明るい。前向き。この曲を聴くと、条件反射で踊り出してしまうので要注意だ。「頑張るよりも楽しんで」という言葉は、試合のみならず人生すべてに通じるものだと思う。

 

  • ROCK YOUR SOUL

「傷付くなら 強くなれ もう逃げるな」という歌詞を聴いて、辛い練習に耐えて来た日々をふと思い出した。痛くても、辛くても逃げなかった自分に誇りが持てた。「そう負けない強さ 勝てない弱さ 引き連れながら」気持ちで負けなくても、試合で勝てないのは本当に辛いけれど、それでも腐らずに立ち向かうことが必要なのだと気付かされた。

 

  • Sky's The Limit

 歌詞はもちろん、何よりも平均年齢が30代後半の6人が、キレッキレに踊っている姿から、限界なんて存在しないことを教えてくれた。怪我などで自分に限界ばかり作ってきた私の目を覚ましてくれた。

 

 

 

 最後の中総体で緊張しまくっていた私は、2週間以上前からこれらの曲ばかり聴いていました。いわゆる、ヘビロテってやつですね。おかげさまで、準決勝まで出ることが出来ました。本当に感謝感謝です♪

 

とはいえ、いやー悔しいっ。悔しいです!!(懐かしい)未練たらたらですね〜。生活はグダグダで、もはや半分ニートです。勉強しなければ、ガチニートです。いまだに後輩と会うたびに、どうしたら入部できるかを真剣に考えてしまいます。そんな、引退して精神的にボロボロで、ぽっかり穴が開いた私は、再びV6の曲に助けてもらっています。

 

さて次回は、「引退後に聴きたいV6の曲セレクション」を書きたいと思います。たぶん記事を書くだけで、ひと夏が終わってしまいそうですが、なんとか早めに書ければいいなあと思います。ちなみに、この記事を書き始めたのは6月の13日、つまり、中総体が終わった直後、引退直後でした。テスト前に何をしているのだろう。数週間後にイタイ目に遭うのに…。

 

お付き合いいただきありがとうございました♪それでは今回はこの辺で、さようなら〜( ´ ▽ ` )ノ