読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

貼れないカイロ

V6にいいね×6万したい系 春から女子高生V6オタのたわごと

私がV6を好きになるまで

こんにちは。なーひーです。

今回は私がV6ファンになるまでの一部始終を書いていきます。

 

 

 

ジャニーズを知った小学生低学年時代

私が小学1年生の時に「学校へ行こう」が終わってしまい、V6の事は、いやジャニーズの事は全く知りませんでした。

 

私がジャニーズを知ったのは小学3年生ごろです。

 

一番初めに好きになったのは嵐でした。

 

誕生日プレゼントにはアルバムを買ってもらい、車に乗るたびに聴いていました。

 

そんな私が嵐のCDと同じくらい聴いていたCDがあります。

 

それは、私の父が好きな曲を集めて作ったCDです。そのCDの中に非常に心に残っているある歌が入っていて、父と私はその曲をしょっちゅう聴いていました。そっと背中を押してくれるような明るい曲でした。

 

その曲の名は・・・

            V6/スピリット

                                                                                           だったのです。

ところが、小3の私はこの曲は誰の曲か全く分かりませんでした。

 

ジャニーズの曲なのだろう、とは思っていましたが、当時の私はこんな考えでした。

 

この曲は誰?

        ↓

嵐ではないな。

        ↓

でもジャニーズだよな…

        ↓

 私の知っているジャニーズは・・・

        ↓

光GENJISMAP*1

         ↓

 SMAPは違うような気がする。

         ↓

じゃあ光GENJIかな。

 

結論: この曲は光GENJIではないだろうか?

光GENJI、V6両方のファンの方、ごめんなさい。

 

どうしてこうなってしまった。何を考えているんだ。

 

もし、V6の曲だということに早く気が付いていたら、もっと早くファンになっていたかもしれないですね。

 

当時に戻れるのなら、小3の私の肩を激しく揺さぶり「なぜV6の曲なのに気が付いていないの!?」と説教をしてやりたいです。

 

一時離脱からの嵐ファンへと舞い戻る小学校高学年時代

小学校4〜5年生ごろは弟の影響で仮面ライダーの俳優さんのファンになり、一時的に嵐から離れていました。

 

ところが、小学校6年生で嵐ファンに復帰して・・・と言ってもテレビで見られれば満足な、いわゆるお茶の間ファンでした。

 

ちなみに、この頃もV6の事はあまり知りませんでした。かんぽさんとSPの人がいるところなのかな〜といった感じでした。

 

激動の中学1年生〜2年生前半

中学校に入学して1年間も同じような調子で嵐ファンでした。

 

この頃は音楽番組は確実に録画するようになりました。

 

そして、私はV6に出会いました。

 

 

2014年のFNS歌謡祭のジャニーズメドレーを見ていたら、嵐の歌が終わった後にV6が出て来ました。

 

「愛なんだ」は「どこかで聴いた事があるな、楽しそうな人達だな♪」という印象でした。

 

そして「Sky's The Limit」を見てびっくりしました。

 

さっきと顔が全く違うぞ。踊っている。しかもカッコよすぎる。

 

かんぽさんだよね?イメージと違うぞ。カッコいい。

 

あれ、あの人の声かわいい・・・。ギャップがすごい。

 

この人は優しそうな人だなぁ。いいなぁ。

 

ええ?あの人かわいいぞ。めちゃくちゃ若い。

 

あ、SPの人だ。やっぱり男前だな。

 

うわー。この人、歌が上手すぎる。いい声だな。

 

・・・なんて思い始め、少し気になる存在になりました。

 

それからは、嵐と一緒にV6の「Sky's The Limit」をリピートするようになりました。ところが、まだV6のメンバーは全員分かりませんでした。

 

 

気になり始めておよそ半年後、

ついにV6ファンになる瞬間がやって来ました。

 

 

それは、2015年の「THE MUSIC DAY」での事でした。

 

嵐が出るから・・・という理由で最後の方まで観る予定でした。

 

嵐が出るまでずっと起きてやるなんて思いながら出番を待っていたら、V6メドレーが始まりました。

 

私は何を思ったか、リモコンの録画ボタンを押していました。

 

「WAになっておどろう」の次の「MUSIC FOR THE PEOPLE」で激しく踊っている6人の姿を見て・・・

 

「うわーーー!!なんてかっこいいの!?惚れてまうやろ〜!」(効果音はズキューーン)

 

 

というように、めでたくV6沼に突き落とされました。

 

こうして1人のV6ファンが誕生しました。

 

V6ファンであることが周囲に定着してくる中学校2年生後半 part1

THE MUSIC DAY」でV6ファンになってからというもの、それはそれは凄まじい勢いでハマっていきました。

 

ファンになって早々に、「ベストアルバムが出る」という情報を知りました。

 

私の誕生日は8月なので、プレゼントに買ってもらおうとしたのですが、まだこの時点では私がV6ファンである事を親に教えていませんでした。

 

ファンだということを言うべきか少し考えました。

 

考えた結果、「さりげなく言ってみる」という作戦に出ました。

 

その時の私と母の会話です。

 

私・・・今年の誕生日プレゼントだけどさ〜。

母・・・何がいいの?

私・・・V6のベストアルバム。(平静を装って)

母・・・あっそう。了解。っていうか、好きなの?

 

想像以上にあっさりとした反応でした。(笑)

もう少し驚くかと思っていましたが一安心しました。

 

無事に誕生日プレゼントに買ってもらえました。

 

 

ファンになった事の報告は親だけではありませんでした。

 

友人にも言うかどうか悩みました。

 

とりあえず同じ学年の部活のメンバーに言ってみました。

 

その時の会話です。

 

                   私・・・V6のファンになったんだよね〜。

メンバー 一同・・・えーーーーー!!!!???なーひーが?嵐じゃないのーーー!!!どうしたのー びっくりした!!!!(笑)

 

  想像以上に騒がしくなりました。(笑)

 

そこまで驚くとは思いませんでした。でも、否定せずに暖かく受け入れてくれてめでたしめでたし。

 

周りの人に公言したことで、のびのびと、そして狂ったようにV6に関わる活動をするようになりました。

 

ファンクラブ入会中学校2年生後半 part2

V6くじを引くためにローソンに通い続けたり、絶対買わないと決めていたシングル曲を買ってしまったり、休みさえあればブックオフに行ってCDを探しに行ったりと、もう抜け出せないくらい好きになっていきました。

 

ファンになってから2ヶ月後、ファンクラブに入りたいと思うようになりました。

 

親は許可してくれるか心配でしたが、当たって砕けろの精神で試しに聞いてみました。

 

私・・・V6のファンクラブに入りたいんだけど。

母・・・いいんじゃないの。

私・・・Thank you.

 

3秒で交渉成立(笑)

 

怖いほど快く了承してくれたので、びっくりしましたが、無事入会・・・と思いきや事件が発生しました。

 

ファンクラブのサイトで登録内容を確認していたら、私の誕生日が間違って登録されていました。

 

先ほども言いましたが、私は8月生まれです。ところが登録されていたのは6月でした。

多分、私の文字が汚かったからだと思います。

 

8と6の区別がつかないと日頃から言われていたのに、なぜ改善しなかったんだと後悔しています。

 

これを知ってすぐの頃は非常に焦りましたが、最近はどうでもよくなってきました。

 

もう開き直って、私はこれから6月生まれとして生きていきます。あっ、冗談です。

 

仲間が増えた中学校2年生後半 part3

なんだかんだで晴れてファンクラブに入った私ですが、一つ悩みがありました。

 

それは、V6を語る相手がいないことです。部活の同学年のメンバーに毎日のように「誰かファンにならないかな〜」と言っていました。

 

そんな寂しい日々に、ある日転機が訪れました。部活が終わって部室で喋っていたら、どこからともなく「V6」と聞こえてきました。

 

その声の主は1学年下の後輩2人でした。

 

もしかしたら・・・と思って、「V6好きなの?」と聞いてみました。

 

そして、その答えは「はい♪学校へ行こうを見てから気になり始めたんです。」

 

嗚呼、「学校へ行こう」よ、ありがとうございます。

 

願ったり叶ったりとはこういうことなんですね。

 

嬉しすぎて暴れ回っていた事を鮮明に覚えています。

 

ちなみに、後輩2人のうち1人は坂本くんと岡田くん、もう1人は岡田くんが好きだそうです。

 

こんなに身近なところに2人もいるなんて本当に幸せです。

 

しかも、可愛くて可愛くてしょうがない後輩で、嬉しいです。もうびっくり。

 

自由気ままな中学校3年生(現在)

仲間も増え、友人みんなに暖かく見守ってもらって、毎日楽しくV6ファンとして生活し続けました。

 

およそ9ヶ月後、進級して中学3年生になっても良いクラスメートに恵まれて、楽しくのろけています。

 

最近は、小学校から仲の良い嵐ファンの子と、ワイワイと幸せにひたっています。

 

彼女は、健くんにハマっているようで、こっちの沼にさりげなく引きずり込んでいる最中です。

 

…と、こんなもんかな。

 

それではまた、さようなら♪( ´▽`)

*1:そんな私は2001年生まれです。